VoicePopper、サーチエイドの後継ソフトの名称は「VoicePopper4」「サーチエイド2」と決まりました

加筆:2016/06/14


現在、鋭意開発中の後継ソフトですが、名称は「VoicePopper4」「サーチエイド2」と決まりました。それぞれメジャーバージョン番号を1つ上げた名前となりますが、バージョンアップ版ではなく別製品となりますことをご了承ください。

仕様もほぼ固まってきましたので、まずは「VoicePopper4」から、VoicePopper3と比べて何が改良されたかについて、後日ホームページ上にて公表したいと思います。また「VoicePopper4」は7月中を目標にベータ版公開を予定しております。大きな問題がなければベータ公開から3ヶ月後ぐらいに、正式版として販売を開始したいと思います。「サーチエイド2」のベータ版公開はその後となる予定です。

「VoicePopper4」「サーチエイド2」は、Windows7(32bit版, 64bit版)とWindows10(64bit版)にそれぞれ対応の予定です。動作OSに関する制限はソフト側では特に設けておりませんので、XP以降であれば正常動作するかもしれませんが、当方では動作確認は行いません。※Windows8.1につきましては初期の対応OSからは外れますが、いずれは動作確認をおこなって対応OSに加えたいと思います。

対応スクリーンリーダーは、対応Windows用に作られたPC-Talker、FocusTalk、NVDAを予定しております。
現行のVoicePopperとサーチエイドは、VB6.0という古い開発環境で作成されていることが原因で、Windows8から各種スクリーンリーダーに採用され始めた「UIオートメーション機能」に関して相性が悪く、プログラム修正では回避できない問題で異常終了エラーを発生することがありました。後継ソフトの「VoicePopper4」「サーチエイド2」は、最新の開発環境(VC++とMFC)で開発されておりますので、「UIオートメーション機能」に関する相性問題は発生しないはずです。その点はご安心ください。

後継ソフトに関するご要望・お問い合わせにつきましては、メールはすべて拝読し開発とサポートの参考とさせていただきますが、個別の返信はできませんので悪しからずご了承ください。